ジブンミッケ

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
道下合同事務所

道下合同事務所


道下 有佳子さん





現在、道下合同事務所で司法書士として働き、1つ1つの依頼に責任を持ち、全力で取り組んでいる道下さん。人生をリセットし、司法書士を目指し始めたという異例の経歴を持っています。チャレンジ精神を持ち、自分を日々成長させている彼女ならではの話を聞かせていただきました。


―――18歳で人生をリセット。一転、司法書士の道へ―――


横田:「現在の仕事を始めたきっかけはなんですか?」

道下さん:「学生時代、私は遊んで過ごしていたのですが、18歳の時に人生をリセットしようと思ったんです。大学へ行くために、大学入学資格検定を取ろうと勉強をして、その努力が実を結んだ時、自信が付いて努力することが楽しくなりました。大学卒業後は就職して営業をやっていたのですが、「20代のうちに自立した女性として、何者かになっていたい」と思うようになっていったことと、司法書士として働いている父への感謝の気持ちもあり、親孝行しようと思う気持ちから司法書士の道に進むことを決めました。そこから1日15時間勉強する毎日を経て、試験に合格し、司法書士として働き始めました。」

―――父の偉大さ―――


横田:「現在の仕事を始めて苦労したことはなんですか?」

道下さん:「毎日、一分一秒苦労しています。依頼を頂くことも大変ですし、その依頼に責任を持たなければいけません。本当に困って相談にいらっしゃる方ばかりなので、失敗は許されませんし、緊張感を持って仕事に取り組んでいますね。一連の仕事を通じて、社会に出てからお金をいただくことの大変さを痛感しましたし、父が今まで本当に苦労して私を育ててくれたんだということを知り、尊敬しました。」

―――目の前の仕事に120%集中―――


横田:「仕事をする上で大切にしている信念(仕事に対する思い)とはどういうものですか?」

道下さん:「スムーズに物事が進むように努力していますね。あとは『嫌なことから取り組むこと』ですかね。まずは目の前の頂いた仕事に120%集中するようにしています。そうやってひとつひとつに一生懸命取り組む中で成長していればいいなと思いますね。」

―――メリハリ―――


横田:「モチベーションを保つためにやっていることは何ですか?」

横田:「モチベーションを保つためにやっていることは何ですか?」
道下さん:「息抜きは絶対必要だと思います。何事もダラダラとやるのではなく、きちんと寝て、きちんと遊んだほうがメリハリをつけて効率よく仕事できると思いますよ。」

―――かゆいところに手が届く人―――


横田:「どういう力を持った人と仕事がしたいですか?」

道下さん:「『かゆいところに手が届く人』、例えば、仕事についての質問をしてくれたり、私だけでは手が回らないところで書類を作ってくれたりとサポートしてくれる、どんどん仕事を能動的にしてくれる人がいいですね。ちょっと図々しい位の人がいいかもしれませんね。」

―――まず、なんでもやってみること―――


横田:「天職を見つけるためにすべきことはなんだと思いますか?」

道下さん:「『まず、なんでもやってみること』が必要だと思います。この世にどんな仕事があるか全てはわからないと思うので、自分にこれは向かないと決めつけるのではなく、なんでもやってみることで世界も広がると思うし、経験も増えると思います。」

―――チャレンジしないとわからない―――


横田:「今後、将来を考えている人に対してのアドバイスをください。」

道下さん:「何事も決めつけず、チャレンジすることで新しい自分を見つけられると思います。20代のうちは失敗もできるし、やり直しがきくと思うので、『とりあえずやってみる』という精神が重要なのではないでしょうか。私の場合は大学で法律の勉強をしたことはとてもためになりましたが、実際に仕事を始めてみると、それまでの司法書士に対するイメージとは大きなギャップを感じました。司法書士事務所を経営するということは、実際には事務のような仕事ばかりではなく、人と関わるサービス業や営業に近いものだと感じました。このようなことは司法書士の仕事に限ったことではなく、どんな仕事にもあることだと思います。チャレンジしてみないとわからないこともたくさんあると思いますよ。」

編集者から一言


道下さんにはアポイントの電話を掛けた時からとても親切な対応をしていただきました。明るく、私たちを気遣ってくださるその人柄にとても魅力を感じました。道下さんの人生をリセットしたというお話を聞いて、思い切って自分を変える一歩を踏み出す勇気を持ち、自らを変えていく努力をしていこうと思いました。
また、お話を伺っていく中で、真剣に依頼主と向き合って全力で仕事をされていることがひしひしと伝わってきて、この姿勢を私も見習いたいと感じました。私も一つひとつの仕事に責任を持って取り組み、道下さんのような信頼を集める人を目指したいと思います。

 


(編集 インターン生  横田満里奈)


コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.